18.8 C
Seoul
2021-09-25, 土曜日

Story

ホーム Story

伝統韓屋の趣

韓屋の宿泊施設 伝統韓屋に滞在して、韓屋の趣を体感してみませんか?韓屋の板の間に座り、後苑の美しい自然を眺めながら爽やかな風を楽しみ、夜になると韓紙の格子戸からほのかに降り注ぐ月の光に心を浸して...

古風な韓屋カフェ

韓屋カフェ 韓屋カフェで、くつろぎのひとときを過ごしてみませんか?古風な韓屋で伝統茶を飲みながら韓国の建築美を感じてみたり、スイーツを食べながらひっそりさとモダンさを一緒に感じてみるユニークな体...

美しい建築や博物館

建築と共に歩んだ百済文化散策 漢城百済博物館 金用美 | 大韓民国 百済(ペクチェ)は、紀元前18世紀から西暦660年にかけて韓半島に存在した古代王国で、現在のソウルを首都と定めて繁...

自然の生命力を秘めスペース

花のように咲き、自然を表現した温室 ソウル植物園 金賛中 | 大韓民国 ©Photo(Ji Ho Kim)-KTO ソウル植物園は、植物から得られる教育・文化的価値を共有するだ...

象徴を表わす空間

風に沿って水の上を流れる教会 方舟教会 伊丹潤(本名:庾東龍) | 大韓民国 方舟(パンジュ)教会は、済州島にあるピンクス・ビオトピア(PINX BIOTOPIA)のタウンハウス の...

韓屋の美を秘め現代建築

百済の美しさが込められたリゾート施設 ロッテリゾート扶余「百想園」 金承会 | 大韓民国 ロッテリゾートのある扶余(プヨ)は、538年から古代百済(BC12~AD660)の首都だった...

歴史と記憶、現代建築

自然を抱く美術館 ミュージアムSAN 安藤忠雄 | 日本 ©2018hansungpil ミュージアムSANは、狭くて長い道が頂上まで続く山の中に立っています。建築家の安藤忠雄...

自然に伝統を守り建築時間旅行

自然と調和した宮殿 昌徳宮後苑 ©Ministry of Culture, Sports and Tourism, Cultural Heritage Administration ...

建築とアート

時代の名残が積もった都心型の美術館 国立現代美術館ソウル 閔鉉畯 | 大韓民国 ©国立現代美術館 国立現代美術館ソウルは、西側は景福宮、北側と東側は三清洞と北村韓屋村、南側は仁...

建築と一緒にヒーリングの空間に

長い自然の物語を込めた幻想的な空間 ヒーリング・ステイ・コスモス 金賛中 | 大韓民国 鬱陵島は火山活動によって作られた東海の小さな島で、これまであまり人間の手が加えられていなかった...

形状、空間それ以上の調和

見ているだけで楽しくなる建築 トライボウル 柳杰 | 大韓民国 トライボウルは、2010年に韓国第2の港湾都市・仁川で開催された仁川世界都市祝典のために建てられた記念館です。トライボ...

韓屋と自然の調和

人に開かれた築300年の伝統家屋 江陵船橋荘 江陵船橋荘(カンヌン・ソンギョジャン)は、約300年間原形がよく保たれた99間の典型的な士大夫家(貴族家門)の上流住宅で、韓国最大級の伝統家屋...

ドイツを感動させた派遣看護師ドイツ村を勢いづけた小...

1960年代、貧しい未開の国からドイツに進出した、時代のフロンティアがいました。ドイツに派遣された看護師と鉱夫です。ドイツで30年間看護師として働いて帰国し、南海のドイツ村を興すのに先頭を切って進めた石淑子さん。生涯を通して無から有を生み出してきた彼女のドイツ、そしてドイツ村に関する物語を聞いてみましょう。

21世紀の「宮殿」を夢見る大韓帝国の皇孫

大韓帝国の皇室は忘れ去られて久しいですが、歴史の裏街道で波瀾万丈な近代史を経て生きてきた最後の皇孫・李錫さんは、今の時代には皇室の役割が求められると力説します。精神的・文化的求心力として皇室の存在意義を呼び起こす彼は「鳩小屋」という歌の歌手としてもよく知られています。彼が夢見る21世紀の皇室の役割について聞いてみましょう。

永遠のボヘミアン朴利秋の幸せ珈琲

コーヒーを語る時に真っ先に思い浮かぶ人物は「朴利秋」です。ハンドドリップコーヒーの代名詞的存在である彼は、韓国コーヒー界の初代バリスタであり、コーヒーの名人です。江陵のコーヒーブームの主役である彼の指先からは依然として香ばしいコーヒーが生まれています。彼が淹れる一杯のコーヒーの幸せな世界へご案内します。

幸せを育てる農夫花より香しい李鎬淳のハーブライフ

道端の野花が香しいハーブになり、平凡な農夫を夢見ていた暮らしが香しいハーブライフになりました。江原道平昌の深い渓谷にあるハーブナラ農園の園長・李鎬淳さんは「一緒に生きていく」ことがハーブが教えてくれた幸せの秘訣だと言います。その教え通り、彼は自然の中で一緒に暮らして皆が幸せになるために、今日も香しいハーブを育てています。
error: Content is protected !!