京畿道: Tradition & Experience

世界遺産都市散策
1号線・プンダン線

スウォン駅

水原華城
出口 7
バスまたはタクシー

バス: 82-1、310、7-2、700-2、60 (長安公園下車)

 

朝鮮後期、正祖大王が完成させた水 原華城は、東洋と西洋の築城技術が 結合したユネスコ世界遺産です。 多く の車が行き交う街の真ん中にそびえ る八達門の姿は壮大です。 水原華城 の南門は、伝統と現代が調和して興味 深く、城郭トレッキングと夜景はぜひ 体験してみましょう。

  • 住所:
    • 京畿道水原市長安区錬武洞190
  • 電話:
    • 031-290-3600
  • ウェブサイト:
  • 営業時間:
    • 3~10月
      • 09:00~18:00
    • 11~2月:
      • 09:00~17:00
  • 料金:
    • 1,000ウォン
華城御車に乗ろう。

 

純宗皇帝が乗った車と朝鮮時代の 国王が乗った駕籠を再現し、華城 の主要観光地を回る循環型観光列 車。 目的の場所で降りて観光し、次 の列車に乗ればOK。座席には、イヤ ホンジャックが設置されていて、日 本語や各国語による水原華城の案 内が聞けます。

  • 住所:
    • 京畿道水原市八達区正祖路825
  • ウェブサイト:
  • 電話:
    • 031-228-4686
    • チケットオフィス
  • 料金:
    • 4,000ウォン

練武台出発

  • 営業時間:
    • 09:00~17:00
    • 10時から は30 分間隔運行
  • コース:
    • 練武台 →華虹門→華西 門(Uターン)→長安門→華城行宮
      (美 術館)→八達門→水原南門市場→水原 華城博物館→練武台

華城行宮

  • 営業時間:
    • 09:40~16:30
    • 10:30からは1時間間隔 運行
  • コース:
    • 華城行宮(美術館)→八 達門→水原南門市場→水原華城博物 館→練武台→華虹門→華西門(Uター ン)→長安門→華城行宮(美術館)
韓国民俗村
出口 4
無料シャトルバスまた はバス

バス: 37、10-5

 

朝鮮時代の人々はどんな暮らしをして いたのでしょうか。 入口から昔の草ぶ き屋根の家と両班の家、韓薬屋など が再現された風景が見られます。朝鮮 時代の使道や妓生、乞食に遭遇する 楽しみもあります。99間の古宅で開か れる伝統婚礼も興味津々。 楽しさいっ ぱいの通りのあちこちを歩いてみま しょう。

  • 住所:
    • 京畿道龍仁市器興区民俗村路90
  • 電話:
    • 031-288-0000
  • ウェブサイト:
  • 営業時間:
    • 2~4月・10月:
      • 09:30~18:00
    • 5~9月:
      • 09:30~18:30
    • 11~1月:
      • 09:30~17:30
    • 週末は30分延長
    • 年中無休
  • 入場券:
    • 20,000ウォン
    • 28,000ウォン (フリーパス)
1号線

オサンデ駅

水の香り樹木園
出口 2
400m|6分

 

昔から澄んだ水が流れる場所と言わ れ、水清洞という名前が付けられまし た。 実際に樹木園の中には飲める湧 き水があります。樹木園のテーマ「水 と木と人の出会い」のように、19のテ ーマ園で野生の花、亜熱帯植物、水 生植物が見られます。 カキツバタが咲 いた湿地には、ヤマゲラがやってくる こともあります。

  • 住所:
    • 京畿道烏山市青鶴路211
  • 電話:
    • 031-378-1261
  • 営業時間:
    • 3~5月・9~10月:
      • 09:00~18:00
    • 6~8月:
      • 09:00~19:00
    • 11~2月:
      • 09:00~17:00
  • 定休日:
    • 月曜
    • 1月1日
    • ソルラル
  • 入場券:
    • 1,500ウォン
게시물에 사용한 사진의 저작권은 촬영자가 보유하고 있으며, 무단 사용은 금지되어 있습니다.
The copyright of the photo used in the posting is held by the photographer, and it is prohibited to use it without permission.

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here