道端の野花が香しいハーブになり、平凡な農夫を夢見ていた暮らしが香しいハーブライフになりました。江原道平昌の深い渓谷にあるハーブナラ農園の園長・李鎬淳さんは「一緒に生きていく」ことがハーブが教えてくれた幸せの秘訣だと言います。その教え通り、彼は自然の中で一緒に暮らして皆が幸せになるために、今日も香しいハーブを育てています。
허브나라 이호순명사

都市を離れて農夫になる

ハーブを通して幸せを分かち合う人がいます。江原道・平昌の深い渓谷にある「ハーブナラ農園」の園長・李鎬淳さんです。1993年にオープンしたハーブナラ農園は、韓国初のハーブ農園です。もともと大手企業の役員と系列企業のイドゥイCEOを務めていた彼がここに来たのは、夫人の李斗伊さんとの結婚当時の「農村で暮らそう」という約束を守るためでした。それでやっと都心を離れたのが夫人が49歳、彼が51歳で2人の年齢を合わせて100歳になった時のことでした。
「農業をしながら自分も楽しめるアイテムを見つけるために大変苦労しました。そんな中、ハーブに興味を持つようになりました。

育てる楽しさもあってお茶にもできるし、加工品も作れるなど色々と活用できるところが魅力的でした。」
平昌で山や水のきれいなちょうど良い場所を見つけましたが、実際は苦難の連続でした。土地が石だらけだったので、まず石を取り除き、100台のトラックで大量の土を運んできて30センチ以上敷いてからやっとハーブを植えることができました。しかし、ラベンダーの種だと思って植えたらヒソップが咲いたり、3月に種をまいたら春が遅い平昌の気候のせいで全てのハーブが凍死してしまったこともありました。

ハーブが教えてくれた幸せ、一緒に生きること

困難はそれだけではありませんでした。定住するために来ましたが、地元民にとって都市から来た人は不審なよそ者でしかありませんでした。釈然としない思いを抱き過ごすうちに、自ら彼らの中に入り込まなければならないことに気づきました。それから住民達とコミュニケーションし、地域発展のために努力した結果、誕生した「蕎麦の花咲くころ 孝石文化祭り」は、韓国の最優秀祭りに選ばれました。また「孫達が住みたい故郷」作りのために日本の地域・団体と姉妹都市協定を結んで地元民の見学も実施しました。それらの努力が認められ2014年には平昌郡民大賞も受賞しました。このように忍耐と努力の結果、村に根付くことになり、300坪で始めた農園は現在1万坪に達しています。1年に約50万人の観光客が訪れるハーブナラ農園は平昌を代表する観光スポットになりました。「私達は皆自然の一部です。自然の中で一緒に生きていくことが幸せだということをハーブが教えてくれました。今までは農場を丁寧に手入れをしてお客様が楽しめるようにしましたが、これからは訪問客が幸せを見つけられるような場所にしたいです。」
自然と人、人と人が共存して皆が幸せになる空間作りが、ハーブのように香しい人生を生きている李鎬淳さんの目標です。

평창 허브나라2

ハーブナラ農園は農業の新しいコンセプトを取り入れた景観農業・観光農園のモデルとして有名です。見て楽しむ農業とは何ですか?

ハーブナラ農園は農地と農作物を活用して見どころを提供したり、ハーブや花を媒介にして癒しの時を提供する農業をしています。私達は最初から見せる農業、一休みできる農場を研究してきました。そのために自らハーブを育てて農園に展示し、ハーブを使った商品を作る体験もできます。また、博物館やギャラリーなど文化スペースを設けることで文化も楽しめるようにしました。このように見て楽しむ農業が低迷した農村に新しい風を吹き込むことにになりました。

ハーブナラ農園を通して伝えたい究極的な意義とは?

私が夢見る暮らしは「HERB」です。ハーブの頭文字を取って、働いて元気な暮らし(Healthy life)、香辛料のハーブによって美味しい暮らし(Enjoy the tasty life)、一緒に生き生きとした暮らし(Refresh life)、分かち合って美しい暮らし(Beautiful life)を実践することです。皆が農業と共同体の根源である農村の価値を大切に思い、自然が与えてくれる限りない恵みに感謝する暮らし、これがハーブを通して伝えたい幸せな暮らしです。

ハーブ農業が文化観光コンテンツになると思いますか?

ほとんどの人は農業といえば食べ物や食料資源を思い浮かべますが、実際に農業をしてみると癒しの機能を持ち合わせていることが分かりました。毎年こんな山奥まで何十万人が訪れてくるのは、単純に「見る」ためだけではありません。見て楽しんで体験して休みながら癒されるそのものが文化観光となるのです。特にハーブナラ農園はハーブだけでなく色んな花と木、文化施設まで揃っており、文化と自然が共存する場所です。他の農業からも文化観光コンテンツとしての意味を十分探せると思います。

PROGRAMS

ハーブナラ探訪

ハーブナラでは約1万坪の畑に100種以上のハーブと花を栽培しており、様々なストーリーとテーマで作られた10余りのテーマガーデンがあります。ヨーロッパ風のオブジェや木で作られた鳥の巣、蝶々など色んなテーマを基に作られたテーマガーデンにはそれぞれのストーリーがあって巡るだけでも楽しいです。他にも、野外音楽堂やハーブ博物館、トルコギャラリー、漫画ギャラリーなど自然の中で文化体験も楽しめます。

ハーブナラの秋祭り

毎年、秋になるとハーブナラでは約10日間秋祭りが開かれます。興亭溪谷の色とりどりの紅葉とミュージシャンの様々な公演、風変わりなハーブグルメ市場、ハーブを用いた各種体験教室、秋の運動会など多彩なプログラムを楽しめます。

ハーブ体験

ハーブを使った工芸品や香水などを作る体験を通じてさらに長くハーブの香りを楽しんでみましょう。また、ほのかな香りのハーブティーとハーブで作った料理もハーブのもうひとつの魅力を味わえる特別な体験になるでしょう。

  • 手作り体験 :
    • 押し花工芸、ハーブ香水、ハーブ石鹸、ハーブ植木鉢、ハーブ酢、ハーブキャンドル
  • グルメ体験 :
    • ハーブティー、ハーブビビンバ、キムチ作り、花畑でのファームパーティー
  • *キムチ作り体験:外国
    • 観光客の場合は事前予約するとキムチ作り体験ができます。自分で作ったキムチ(1玉)を持ち帰ることもでき、韓国の食文化に対する特別な時間を過ごせます。

名士おすすめの名所

武夷芸術館

2001年に廃校を改造して作られた芸術空間で、展示室・作業室・体験場・彫刻公園などがあります。すぐそばには広いソバ畑を作り、地域特徴も生かしました。彫刻・陶芸・絵画・書道作家が共同で使う作業室であるオープンスタジオでは自然の中で芸術の香りを体験することができます。毎年8月初めには「武夷アートフェスティバル」も開催しています。

江原道平昌郡蓬坪面沙里坪ギル233
033-335-6700
mooee.kr

五台山月精寺

新羅善徳女王12年(643年)に創建された千年の古寺・五台山月精寺は、寺院そのものだけでも美しい空間です。月精寺の境内を巡りながら伝統建物の美しい曲線、エンタシスの柱の科学的原理、棟と隅棟など韓国の建築についても学ぶことができます。仏舎利が奉納されている八角九層石塔と4,000点の文化財が所蔵された聖宝博物館など見どころが多いです。

江原道平昌郡珍富面五台山路374-8
033-339-6800
woljeongsa.org

PROGRAMS

ハーブナラ探訪

ハーブナラでは約1万坪の畑に100種以上のハーブと花を栽培しており、様々なストーリーとテーマで作られた10余りのテーマガーデンがあります。ヨーロッパ風のオブジェや木で作られた鳥の巣、蝶々など色んなテーマを基に作られたテーマガーデンにはそれぞれのストーリーがあって巡るだけでも楽しいです。他にも、野外音楽堂やハーブ博物館、トルコギャラリー、漫画ギャラリーなど自然の中で文化体験も楽しめます。

ハーブナラの秋祭り

毎年、秋になるとハーブナラでは約10日間秋祭りが開かれます。興亭溪谷の色とりどりの紅葉とミュージシャンの様々な公演、風変わりなハーブグルメ市場、ハーブを用いた各種体験教室、秋の運動会など多彩なプログラムを楽しめます。

ハーブ体験

ハーブを使った工芸品や香水などを作る体験を通じてさらに長くハーブの香りを楽しんでみましょう。また、ほのかな香りのハーブティーとハーブで作った料理もハーブのもうひとつの魅力を味わえる特別な体験になるでしょう。

  • 手作り体験 :
    • 押し花工芸、ハーブ香水、ハーブ石鹸、ハーブ植木鉢、ハーブ酢、ハーブキャンドル
  • グルメ体験 :
    • ハーブティー、ハーブビビンバ、キムチ作り、花畑でのファームパーティー
  • *キムチ作り体験:外国
    • 観光客の場合は事前予約するとキムチ作り体験ができます。自分で作ったキムチ(1玉)を持ち帰ることもでき、韓国の食文化に対する特別な時間を過ごせます。

名士おすすめの名所

武夷芸術館

2001年に廃校を改造して作られた芸術空間で、展示室・作業室・体験場・彫刻公園などがあります。すぐそばには広いソバ畑を作り、地域特徴も生かしました。彫刻・陶芸・絵画・書道作家が共同で使う作業室であるオープンスタジオでは自然の中で芸術の香りを体験することができます。毎年8月初めには「武夷アートフェスティバル」も開催しています。

江原道平昌郡蓬坪面沙里坪ギル233
033-335-6700
mooee.kr

五台山月精寺

新羅善徳女王12年(643年)に創建された千年の古寺・五台山月精寺は、寺院そのものだけでも美しい空間です。月精寺の境内を巡りながら伝統建物の美しい曲線、エンタシスの柱の科学的原理、棟と隅棟など韓国の建築についても学ぶことができます。仏舎利が奉納されている八角九層石塔と4,000点の文化財が所蔵された聖宝博物館など見どころが多いです。

江原道平昌郡珍富面五台山路374-8
033-339-6800
woljeongsa.org

INFORMATION
ハーブナラ農園
    • 江原道平昌郡蓬坪面興亭渓谷ギル225
    • 033-335-2902
Writer by Song Ji-yoo | Photo by Nam Yoon-Jung(AZA Studio)
Client KTO | Production D.gram(Cultural Tours Alongside Local Celebrities) ⓒdgram.co.kr All Rights Reserved.
게시물에 사용한 사진의 저작권은 촬영자가 보유하고 있으며, 무단 사용은 금지되어 있습니다.
The copyright of the photo used in the posting is held by the photographer, and it is prohibited to use it without permission.

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here