おかゆは、ご飯のもう一つの形である とも言えます。 穀物の粒をよく噛んで食べ るご飯とは違い、 穀物に約5倍ほどの十 分な水を入れ、その形が崩れるくらい煮 込むおかゆは、歯が弱い高齢者や消化 力が弱い病気の人でも食べられます。 特 に、おかゆは離乳食の代表としても知ら れ、 赤ちゃんでも食べられるほどまろや かで柔らかいため、 「冷や粥食い」とい うことわざが生まれましたが、これは日 本語の「朝飯前」と良く似た言葉です。

 

白粥をはじめ、様々な食材と色の栄養粥 を楽しむ

米だけで作る白粥が、おかゆの基本です。 ここに旬の野菜類や肉類、魚介類、 ナッツ 類、穀類などを加えて栄養粥として食べた りもします。おかゆは食材によって様々な味がします が、特に甘い味のするカボチャ粥と小豆粥 は少量で前菜やデザートとして利用され、 牛肉ときのこのお粥や野菜粥、鶏肉粥、海 鮮粥、 アワビ粥などは主食として食べられ ます。 ご飯より長い歴史を持っているとさ れるおかゆにも、韓国の伝統が残っていま す。冬至には、小豆の赤い色が鬼を追い出 し、災いから守ってくれるという伝統から 小豆粥を食べます。

게시물에 사용한 사진의 저작권은 촬영자가 보유하고 있으며, 무단 사용은 금지되어 있습니다.
The copyright of the photo used in the posting is held by the photographer, and it is prohibited to use it without permission.

0개의 댓글

댓글을 남겨주세요