韓国の代表的な節日はソルラル(旧暦1月1日)と秋 夕(旧暦8月15日)、テボルム(旧暦1月15日)など。ソルラルと秋夕には、家族 が集まって先祖を祭るチャレを行なった後、親戚や近所の人を訪ねてあいさつを交わします。 節日の料理には外国人にも人気 のあるカルビチム(カルビの蒸し物)、チャプチェ、餅、 伝統菓子などがあり、

ソルラルの代表料

旧暦1月1日
擲柶
年糕湯

ソルラルは韓国最大の節日です。韓国は数え年のため、 ソルラルの朝にトッククを食べることによ ってもう一つ歳を取るとされてい るほど、ソルラルには欠かせない食べ物です。
トッククは米を蒸して細長い棒状の餅を作り、 それを斜めに薄く切ってだし汁で煮た もので、 出来上がりを器に盛り、 味付けをした牛肉とたまごの薄焼きを千切りしたものを乗せて食べます。

テボルムの代表料理

オゴクパプ(五穀ご飯 (旧暦1月15日)
五榖飯與涼拌蔬菜
堅果
野火遊戲

古くから、韓国ではテボルムに疫病神を追い払い、神聖な気持ちで春を迎えるために村の守護神の祭祀を行ってきました。 また、 テボルムのある1月は新年を迎えて1年の計画を立て、その年の運勢を占う月でした。 テボルムの代表的なメニューのオゴクパプは もち米、あわ、小豆、きび、黒豆などを混ぜて炊いたご飯で、 無病長寿を祈願する意味が込められています。

ソンピョン

秋夕の代表料理「ソンピョン(松葉餅)(旧暦8月15日)
強羌水越來
松餅

秋夕は一年のうちで最大の満月が見られる時期です。 果物や新穀が実り、収獲が行われる季節のため、秋夕の食卓はいつもにぎ やかです。 秋夕に欠かせない餅のソンピョンは新米を粉にして塩水で練りあげた生地の中に、好みに合わせてごまや栗、豆、小豆 などを入れて半月模様に整え、 きれいに洗った松の葉を敷いて蒸したもので、一年の収獲を感謝するために先祖を祭るチャレに も供えられます。

게시물에 사용한 사진의 저작권은 촬영자가 보유하고 있으며, 무단 사용은 금지되어 있습니다.
The copyright of the photo used in the posting is held by the photographer, and it is prohibited to use it without permission.

0개의 댓글

댓글을 남겨주세요